おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建てマイスターテスト

17.今後、土地は下がる?

土地の価格は長期的には、日本のGDP(国民総生産)に連動します。さらに言えば、イールドスプレッドといってもいいかもしれません。
日本の土地の上で、どれだけの価値を生むことができるかにより、土地の価値が決まるのです。

例えば東京の土地は高いです。そこに人と情報とお金が集まることにより、莫大な価値が生み出されているので土地の価値が高いのです。逆に北海道の原野には人も情報もお金も集まらないために価値が生み出されず、土地の値段がゼロに近いのです。
今後の土地の値段がどうなるかは、人と情報とお金がどうなるかにかかっているといえるでしょう。
人口は減少しています。それには外国人を増やすしかありません。観光客でもいいのです。そこにいてお金を使う、価値を生み出す人を増やす必要があります。
情報は分散しています。電力の影響でサーバーセンターが離散してるのと、言語・能力の影響でアジア圏がのし上がってきています。
お金は税制や投資環境により動いています。香港など有力ですが、東京も捨てたものではありません。中国マネーが出て行ったものが戻ってきているとか、オイルマネーが戻っています。
結論として、土地が下がる確率は高いですが、下げ止まる要因も多々あることより、下落幅は緩やかになると考えます。