おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建てマイスターテスト

16.賃貸か所有か迷ったら、賃貸にとどまるべき?

これも、賃貸か所有かの議論ではなく、あなたにとってのベストマッチの物件があるかないかです。
ベストマッチの戸建分譲があり、住宅ローンが組めて、買うのに支障がないのなら、あれこれ比較をするべきではなく、買い時かどうかも迷う必要はなく、買うべきです。
賃貸か所有かの「ライフタイムシュミレーション」というものがありますが、そこには「あなたにとって住宅・すまい・くらしはどうあるべきか」という一番大切なものが欠落していて、ただ単に費用計算しているだけです。そこにおける、「幸せ・満足・家族の笑顔」というものが欠落しています。

住宅は「子供のため」「家族のため」に買うものです。所有となるのは居住用の住宅で「家族の暮らす故郷」です。大切なのは、そこに住んで「幸せ」かどうかです。幸せであれば、居住価値は生まれ、資産価値以上になります。そうでなく家族が離婚・離散し分譲住宅は売却に出されると、その瞬間から金融商品となり、居住価値は消えて価値は下落します。日本国内で過疎地域と呼ばれている場所の土地の資産価値はほぼゼロです。ところがその地域に住んで幸せになることができると、その地域の土地の価値はハネ上がります。ある実例が那須の中にあります。「家族のコミュニティ」を作っている団地です。那須は暴落していますが、その地区の建物だけは希望者がキャンセル待ちしていて高く売買されています。

ところが賃貸住宅は最初から「金融資産」です。投資金額に対して収益がいくら出るかが一番大切な要因で、価値は収益率のみで測られます。居住価値というものはなく、その犠牲になるのは、満足・幸せです。そこに住んでいる人が不幸で離婚して出て行ったら、新たに募集して入れればよいだけです。居住者はいわば記号に過ぎません。「102号室の人」です。

つまり、賃貸か所有かに迷ったら、間違いなく所有です。「家族のくらし」を選んでください。