おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建てマイスターテスト

14.中古のほうがお買い得である?

中古が買い得であるのは、土地価格が上昇していて、物価が上昇している、そのために新築価格が毎年上がっている時です。
今は、デフレにあって、土地の価格は下降傾向で物価も上がっていません。そのため新築一戸建て分譲の価格は少し下がっています。
その時は、中古は買い得とはいえません。

中古の価格は、買った値段から築年の建物償却を引いた価格が基本となります。なぜなら住宅ローンが残っている場合が多いので、その額以下では売れないためです。
それに対して、同じ地区で新築があると、土地は数年前より安いうえ、資材も安くなっているとしたら、新築価格は下がっています。
その新築価格を基準に築年価格補正をされた中古はいいかもしれませんが、そうでない償却基準の場合はお買い得とは言えません。
また、さらに言えば、建物・設備の仕様・性能・機能が年々良くなっています。中古か新築かの選択肢がある場合は新築が有望でしょう。