おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建て分譲住宅の常識

10.サイディング・スレートは時代の標準

新築一戸建て分譲で比較的低価格の物件は、ほとんどが外壁をサイディングにし、屋根がスレートとなっています。
高額物件の場合は、屋根が瓦で外壁が左官塗りの場合があり、それに比べると質感が落ちるという感覚があります。

また、サイディング・スレートを使うと、デザインが「シンプルモダン」か[ナチュラルモダン」にならざるを得ません。デザインの方向性が狭くなるということもありますが、現在の戸建分譲の大半がこの2つのデザインであることを考えると、問題は無いと思います。

大きな違いは高級感になりますが、以前の低価格の代表という感覚ではなくなり、むしろサイディング・スレートが標準となって、差別化要因として塗りがあるという感覚になってきました。