おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建て分譲住宅の常識

11.設計図はあっても、竣工図は無い場合が多い

設計図と部材の仕様図などは、建築確認申請に必要ですから、ほとんど全てにあります。
ただ竣工図は、現場で建築中に何らかの理由で仕様変更したり、位置が変わったり、オーナーの都合で追加されたオプションを入れたものになりますので、なかなかありません。
当然、建築基準法上で規定されたものが変更されたら追加申請になるので、図面はあります。

その理由は、新たに作らなければならないのと、その情報の把握が難しいからです。
現場での些細な変更の場合、何ミリ単位での正確な計測がされていないので、不正確な図面となってしまいます。

竣工図が無いからといって欠陥住宅というわけではなく、むしろある場合はかなり良心的な企業と言っていいでしょう。
ただし、その竣工図が正しいかどうかは別問題です。現場監督が常時現場に張り付いて、しっかり現場管理していないとできません。