おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建て分譲住宅の常識

7.住宅ローンは変動? 固定?

住宅ローンの金利設定は悩ましいものです。

35年固定なら返済金額が確定されて安心と言えます。この先、長期金利が高騰しても、生活設計が安定できるメリットがあるのですが、利率が変動より高くて、総返済額が大きくなるのがデメリットです。

変動は、支払額が少なくてすみ、借入額設定が厳しいときなど有利です。特に、直近では史上最低金利になっていて、利率が1%以下というものも珍しくありません。ただ、将来的に金利が上がった時に返済金額が増えてしまうという心配があります。

この選択は、お客様自身の収入の見込みや、家計の中にしめる住宅ローンの比率と余裕度による繰り上げ返済の見込みなどに大きく左右されます。
例えば、安定した職業の代名詞である「公務員」の方などは長期固定でいいかもしれません。ただ、公務員の方でも、夫婦共働きで家計に占める住宅ローンの比率が低く、繰り上げ返済で35年の半分くらいで返済する見込みであれば、変動がいいです。