おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは売買の目的物に瑕疵(その物が取引上普通に要求される品質が欠けていることなど、欠陥がある状態)があり、それが取引上要求される通常の注意をしても気付かぬものである場合に、売主が買主に対して負う責任をいいます。
つまり新築一戸建てにおいては、「雨漏り」が代表的なものです。
それが起きた時に、売主に直すように命令したり賠償などを請求できるのです。

■瑕疵担保は「品確法」により義務化された

平成12年4月1日から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行後は、全ての新築住宅に対する10年の瑕疵担保期間が義務化されました。
また、私企業の判断で10年保証期間を20年まで延長しているところも多いです。
また、この法律では、不動産取引の安全を確保するため、住宅性能表示制度を発足させました。これは、住宅の性能を表示するための共通ルールを定め、住宅の性能を相互比較しやすくする制度です。但し、評価を受けるかどうかは、任意の制度です。こうして評価された住宅には、住宅性能評価書が交付されることになります。住宅性能評価書を添付して住宅の契約を交わした場合などは、その記載内容(住宅性能)が契約内容として保証されます。評価書が交付された住宅については、契約上のトラブルが発生した場合にも、裁判手続きとは別に指定住宅紛争処理機関で、調停・斡旋・仲裁を受けることができます。

■保証の内容

構造耐力上主要な部分(住宅の柱や梁基礎など)や屋根等の雨水の浸入を防止する部分の瑕疵が対象になります。

保険の対象となる基本構造部分

ページの先頭へ