おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建てマイスターテスト

3.今回の東日本大震災で地震による倒壊は少なかった?

地震に耐える構造としては、1981年に建築基準法が改正され「新耐震」と呼ばれる基準が導入され、2000年の改正により、性能規定の概念が導入され、構造計算法として従来の許容応力度等計算に加え、限界耐力計算法が示されました。

今回の東日本大震災において、この2000年改正に準拠した住宅の倒壊は皆無といわれています。
現在の建築基準法の構造計算規定に沿った住宅は、地震による倒壊の心配はほとんど無いといっていいでしょう。
ただ、戸建の低層住宅は「4号特例」というものにより、これが免除されています。地震による倒壊の不安がある人は構造計算をしている住宅を選択したほうが良いと考えます。
それであれば、現在想定されている「首都圏直下型地震」や「東南海地震」がきても、地震の揺れによる倒壊の危険は無いと考えていいです。