おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建てマイスターテスト

1.液状化対策はどうしたらよいのか?

第一に行うことは、県のホームページをみて「液状化予想図」の危険地域に自分の土地が入っているか見る必要があります。
次に、自分の土地が「危険地域」に入っていたら、地盤対策が必須ですので、まず地盤調査をする必要があります。「スウェーデン式サウンディング試験」と呼ばれているものが戸建住宅では一般的に行われているものです。費用としては数万円が一般的ですが、数十万かかる本格的なものもあります。

そして、その地盤調査の結果にもとづき、どういった対策が良いかを検討します。
この対策は様々です。大きなポイントは地盤の支持層と呼ばれているものが地下何メートルにあるかです。それにより変わります。
浅ければ、土を入れ替えてしまうやり方や基礎を深くする方法などあります。これはうまくいけば百万円以内でできることもあります。深いと「鋼管杭」を支持層まで入れるとか薬液を注入するといった方法がありますが、いずれも数百万かかります。