おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

新築一戸建て分譲住宅の常識

13.戸建は土地があるから資産価値として残る

土地の価格は緩やかに下落しています。ただ、現在の首都圏の戸建分譲は、ほとんどが都心より1時間半以内で駅より徒歩30分以内くらいなので、その価格がゼロになることはあり得ません。

首都圏に居住用として通勤に使える土地なら、坪30万円以上というのが現在の平均的な相場感ですから、35年後も東京が現在と同じ繁栄をしていれば資産価値は残ると思います。

2011年1月現在でも首都圏の人口は増え、世帯数は増えています。日本全体として人口は減少していますが、首都圏は流入が多いため、新築住宅の建築は盛んで、居住用の土地の価格は大きく下がってはいません。